手術について

白内障と白内障手術

白内障と白内障手術とは

  • 白内障とは目の中の透明な水晶体が、加齢などの要因で不溶性のたんぱく質が増加することによって、白く濁ってしまう病気です。

  • 白内障手術は、濁った水晶体を超音波乳化吸引装置で砕いて吸引します。

  • そして約2.4mmの極小切開創から眼内レンズを挿入します。

白内障の手術のスペシャリスト
当院では白内障日帰り手術を行っています。手術は毎週水曜日、実績10,000例以上、年間1,000件以上の診療を行う本院の院長(したら眼科クリニック 設楽幸治)が行います。

レンズについて

VEGF阻害薬(眼内注射)による治療

現代日本社会の中高年の間には、若々しく活動的で多様性のある生活スタイルをお持ちの方が増えてきています。
まずは、患者様の個々の生活スタイルに合った見え方を担当の先生によくお伝えいただき、術後の合併症も含めよくご相談され、患者様の眼の状態や生活に適した眼内レンズを選択されることをお勧めします。

アクセス

無料送迎始めました
したら眼科クリニック

このページのトップへ